知って得するアイテム

皮膚がん ほくろ

スポンサーリンク




皮膚がん ほくろ

皮膚がん ほくろ について。

 

 

 

 

 

ホクロが、皮膚がんであるケースがある…そんな物語りを聞いた事がありませんか。

 

こんな話を聞いていまうと、様子にし過ぎな人は、どのホクロも癌じゃないか!と考え違いしてしまう事柄があります。
癌だなんて恐ろしいこと、ただのホクロと皮膚がんとの見分け方なんて、あるのなら知っておきたいものですね。

スポンサーリンク




 

 

 

 

ただのホクロの形態はだいたい楕円形や丸で、左右相称になっています。
そして色は黒く、素肌とのボーダーラインがはっきりしています。

 

悪性のホクロから初期の皮膚がんとなったものは、メラノーマと呼ばれます。
メラノーマは、初期のうちは一般のホクロに見えますが、良性のホクロと異なり急に大きくなったり、色や形態が変わったり します。
形はいびつで、良性の特質である左右相称ではありません。

 

 

 

ホクロの療治には大きく分けて2種類あります。
ひとつは紡錘形に皮膚を切除し、その後ナイロン糸で縫合する切除縫合法です。

 

比較的大きなものを療治する時によろしい方法です。
もうひとつはくりぬいたり焼いたりして、ホクロの構造だけを何らかの方法で消し、その後は縫合せずに軟膏剤をつけて治す方法です。

スポンサーリンク




 

 

 

いずれにしてもオペしてすぐに目立たなくなる道理ではありません。
きず口が和むのには最低 3ヶ月はかかります。
切除縫合法以外では策直後に日焼をとり行うと、しみのような色素斑が生じる事があります。
この色素斑は術後 3ヶ月くらいの間、日焼けどめクリームなどで日焼を避ければ予防できます。